『ヘビとブーメラン』吉井和洋(文芸社)

投稿者: かーくん 投稿日:2010/09/13
カテゴリー:【ビジネス・経済・キャリア】 【か〜くんの紹介】 【おすすめ度:☆☆☆

『あほだらクリーム』に続き、献本をいただく機会があり、素敵な本に出会うことができました。自己啓発の入門書として面白い1冊です。リーダーシップ論の入門書としてとしておすすめな『カモメになったペンギン』、問題解決力の入門としておすすめな『世界一やさしい問題解決の授業』などを思わせる、入門書として読みやすい作品です。

本著の構成としては、自己啓発本のエッセンスがつまったダイジェスト版となっています。いろいろなエッセンスを個性的なヘビと男性が軽快なやりとりで話していく、関西版『夢をかなえるゾウ』と言ったところ。文章が読みやすいのはもちろんのこと、章が細かく分かれているため、移動時間にもとても読みやすいです。

内容についてみてみると、この本の中心となる「ブーメラン」については、本著でみていただくことにして、その他に記憶に残った言葉の1つに「新しい3K」があります。「新しい3K」とは謙虚、感謝、感動の頭文字をとった言葉です。

私自身も行動するときに意識しているキーワードに重なるものがあり、それらを実践するためにひつような事柄が紹介されています。わかるではなく、できるようになるための秘訣がつまっている点は本著の良さだと思います。

また、MRとしてお仕事をされていらっしゃる筆者ならではの例が示されており、その点は本著の特徴のひとつであると思います。職場の臨場感が垣間見れて面白い。この本を読んだ後にはさっそく、来年かMRになる友人にプレゼントをしました。

自己啓発本やHACK本などを読んだことがある人にはものたりなさがあるかもしれません。けれども、これから自己啓発本を読んでみようかなという人にはちょうど良い1冊であると思います。あの人に自己啓発を知って欲しいと思ってプレゼントするにもおすすめです。

[スポンサーサイト]

『ヘビとブーメラン』吉井和洋(文芸社)の関連本

スポンサーサイト

トラックバック

『ヘビとブーメラン』吉井和洋(文芸社)
に関連するトラックバックをお待ちしています。トラックバックURL:
http://www.noaruseikatu.jp/cgi-bin/mt/no-tb2.cgi/317
承認後の表示になります。ご了承ください。

のある生活:音楽のある生活エクセルのある生活メモのある生活ヒト・コト・モノをtabaneru.jp