『トヨタモデル』阿部和義(講談社)

投稿者: かーくん 投稿日:2007/05/23
カテゴリー:【新書・文庫】 【か〜くんの紹介】 【おすすめ度:☆☆☆

 2007年第一四半期においてGMを上回り、販売台数が世界1位となったトヨタ。世界から注目されるまでになったトヨタ自動車について、その成功の秘訣に迫ろうというのが本著の目的である。その要因として筆者は次の2つを挙げている。

1.いつも危機感を社員に与えて改善に取り組んでいること
2.「質素と倹約」がDNAのように引き継がれていること

この2つの要因を踏まえて、

  • 中部国際空港(セントレア)とトヨタの関係
  • レクサスの誕生秘話
  • トヨタの販売哲学・海外展開について
  • かんばん方式の真髄
  • トヨタの労使闘争史
  • トヨタのコストダウン哲学

などについて述べられている。トヨタの歴史や全体像をつかむには良い1冊であった。また、巻末には参考文献も示されており、それらを読むことで、より詳細な情報を得ることができる。購入しやすい価格であり、これからトヨタについて学びたい人におすすめしたい。

 本著『トヨタモデル』阿部和義(講談社)は、優等生的にトヨタ解説がされている1冊であった。一方、トヨタについて批判的に述べられている1冊に『トヨタの正体―マスコミ最大のパトロン トヨタの前に赤信号はないのか』がある。豊田市周辺での売り上げが高いそうである。トヨタの影が記されたこの本についても、日を改めて紹介したい。

[スポンサーサイト]

『トヨタモデル』阿部和義(講談社)の関連本

スポンサーサイト

トラックバック

『トヨタモデル』阿部和義(講談社)
に関連するトラックバックをお待ちしています。トラックバックURL:
http://www.noaruseikatu.jp/cgi-bin/mt/no-tb2.cgi/156
承認後の表示になります。ご了承ください。

のある生活:音楽のある生活エクセルのある生活メモのある生活ヒト・コト・モノをtabaneru.jp