『天国までの百マイル』浅田次郎(朝日新聞社)

投稿者: ね〜やん 投稿日:2007/01/20
カテゴリー:【新書・文庫】 【ね〜やんの紹介】 【おすすめ度:☆☆☆☆

初めて読んだ浅田次郎。

この本に出てくる登場人物の誰にも、あたしはまだまだ届かない。

給料の全てを離婚した妻・子供に送る主人公
夫に対する愛情よりも子供への愛情を選んだ元妻
子供の幸せだけを祈って自分を責め続ける母親
今の幸せだけを守り続ける為に母親を無視する兄弟たち
命を救うことだけに生きる医者
そして、見返りを求めず主人公の幸せだけを祈るマリ

誰もが一生懸命、自分に正直に生きていてごまかさない。

主人公が病の母親を車に乗せ、東京から千葉に送るだけの単純なストーリーやのに、出てくる登場人物が温かくて、でもどきっとさせられる非情なところもあったりで、よかった。

不覚にも電車ん中で涙ぐんでしまった。あわててティッシュだしました。

オープン ユア ハート。


[スポンサーサイト]

『天国までの百マイル』浅田次郎(朝日新聞社)の関連本

スポンサーサイト

トラックバック

「天国までの百マイル」浅田次郎 from 読書感想文 と ブツブツ... (2007/01/23)

「天国までの百マイル」浅田次郎 会社をつぶしてしまい、妻と離婚。。。 子供の養育費は、...

浅田次郎【天国までの百マイル】 from ぱんどら日記 (2007/01/22)

ひとことで言えば、 天下無敵の泣かせ小説 あるいは 涙の核弾頭 である。 ...

すべてのトラックバックを表示(2件)別ウィンドウが開きます

『天国までの百マイル』浅田次郎(朝日新聞社)
に関連するトラックバックをお待ちしています。トラックバックURL:
http://www.noaruseikatu.jp/cgi-bin/mt/no-tb2.cgi/134
承認後の表示になります。ご了承ください。

のある生活:音楽のある生活エクセルのある生活メモのある生活ヒト・コト・モノをtabaneru.jp