『グーグル Google 既存のビジネスを破壊する』佐々木俊尚(文藝春秋)

投稿者: かーくん 投稿日:2006/04/28
カテゴリー:【新書・文庫】 【か〜くんの紹介】 【おすすめ度:☆☆☆

 日本では依然としてYahoo!が根強い人気ですが、それ以外の国では多くの人がgoogleで検索をしています。特にイギリスでは約75%の人が検索にgoogleを利用しています。しかし、googleは単に検索サービスを提供しているだけの企業ではありません。それだけと考えていた方はこの本を一度読んでおくべきです。多くの既存サービスを広告という方法で打ち壊している現状は知っておくべきことだと思います。

 以前に紹介をした『ウェブ進化論』では、チープ革命、Web2.0、Amazon、google、ロングテールなどインターネット世界が幅広く展望されていました。一方、この本はインターネットの現状について、特にグーグルに特化して書かれた本だといえます。グーグルの入門書としては最適の1冊だと思います。

 この本の良いところは、ロングテールについて駐車場の経営者といった身近な例を挙げて説明がされているところです。これまでの広告との違いが明確になります。『ウェブ進化論』を読んでロングテールの意味はわかったけど、実際どんなメリットがあるの?と実感をあまり持てなかった人でも、話が身近なことでわかりやすいと思います。

 また、後半部分では、巨大な権力を持ち神となったグーグルを踏まえ、今後の社会の展望も書かれています。考えらされる点も多々ありました。グーグルは悪の神になるのでしょうか?それとも善の神となるのでしょうか?みなさんはどう思いますか?


[スポンサーサイト]

『グーグル Google 既存のビジネスを破壊する』佐々木俊尚(文藝春秋)の関連本

スポンサーサイト

トラックバック

グーグルGoogle from りす村blog館 (2007/08/16)

『グーグルGoogle』を読んだよ。IT関連本は久しぶり。 グーグルの戦略とその

グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する:... from 一日一よい言葉 (2006/08/08)

佐々木 俊尚 グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する 文春新書 (501) その名のとおり...

『 グーグル-Google 』 佐々木俊尚 from 本を読もう!!VIVA読書! (2006/08/02)

数日前、このブログをご覧になった、ある大学院生から、私の書いた 『ニートって言うな 』...

グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する from iFinder 雑読乱文 (2006/05/27)

グーグルはそれら新しい秩序の中で,すべてをつかさどる強大な「司祭」になろうとしている。...

すべてのトラックバックを表示(4件)別ウィンドウが開きます

『グーグル Google 既存のビジネスを破壊する』佐々木俊尚(文藝春秋)
に関連するトラックバックをお待ちしています。トラックバックURL:
http://www.noaruseikatu.jp/cgi-bin/mt/no-tb2.cgi/29
承認後の表示になります。ご了承ください。

のある生活:音楽のある生活エクセルのある生活メモのある生活ヒト・コト・モノをtabaneru.jp