『陰陽師 太極の巻』夢枕 獏(文春文庫)

投稿者: ゆかちゃん 投稿日:2006/03/24
カテゴリー:【文学・評論】 【ゆかちゃんの紹介】 【おすすめ度:☆☆☆☆

安倍晴明と源博雅の活躍を描いた陰陽師シリーズの最新刊

 一話完結の短編集でとても読みやすいので、怪奇ものが好きで一冊で色んな話を読みたい人におすすめです。私の場合は呪われたんじゃないかと思うくらいに引き込まれ、「もっともっと読みたい」という欲求にかられるくらいにはまってしまった。

 しかし、この本の魅力は怪しの話だけではない。晴明と博雅という人物が魅力的なのだ。冷静沈着な晴明に対し、感性豊かな博雅。彼らの友情をゆったりと描いていてとてもあたたかい。自分も彼らの世界に溶け込みたくなる。そんな気持ちにさえさせてくれる一冊。

[スポンサーサイト]

『陰陽師 太極の巻』夢枕 獏(文春文庫)の関連本

スポンサーサイト

トラックバック

『陰陽師 太極の巻』夢枕 獏(文春文庫)
に関連するトラックバックをお待ちしています。トラックバックURL:
http://www.noaruseikatu.jp/cgi-bin/mt/no-tb2.cgi/11
承認後の表示になります。ご了承ください。

のある生活:音楽のある生活エクセルのある生活メモのある生活ヒト・コト・モノをtabaneru.jp