『その日のまえに』重松清(文藝春秋)

投稿者: ゆかちゃん 投稿日:2006/03/18
カテゴリー:【文学・評論】 【ゆかちゃんの紹介】 【おすすめ度:☆☆☆☆☆

人は誰でもいつかは死んでしまう。
しかしある人は早すぎる死を迎えねばならないし、
ある人は大切な家族を残して死なねばならない。
そして死にゆく人を送り出す家族たちもいる。
そこに残るのは悲しみと涙だけなのか。

この本はとても悲しかった。涙も出た。
文章、セリフひとつひとつから思いや感情が伝わってくる。

「お前が死んでから昼でも夜でも空をみあげることが多くなったんだ」
この一文がとても大好きで愛を感じた。
そして教えてくれたのは死は終わりではないということ。

死は確かにこの世で生きることの終わりを指す。
しかしその人が残したものがあるならば、それはまだ生きている。
物質的なものもあるけれど、その奥にあるのはその人の思い。
それは永遠に死ぬことなく生き続けるだろう。
思い出ではなくその人の死からが始まり。

悲しいけれどとても暖かさにあふれる一冊です。

[スポンサーサイト]

『その日のまえに』重松清(文藝春秋)の関連本

スポンサーサイト

トラックバック

「その日のまえに」 from 主婦の秘め事 (2006/09/26)

重松 清先生の「流星ワゴン」を買いに丸善に行ったら、売り切れ中だと。 それでみんなが涙し...

その日のまえに from 読書感想文 と ブツブツ... (2006/09/19)

「その日のまえに」重松清 「その日」(死)に対したある家族と、 それに関わる人達の連続...

『その日のまえに』 重松清 文藝春秋 from みかんのReading Diary♪ (2006/09/19)

その日のまえに 7編の短編連作集。 大事な家族が居なくなる…その日までを家族として、...

その日のまえに from かいくんの読書日記+α (2006/09/18)

その日のまえに 重松清著 10点 2005年の47冊目 大切な人が亡くなってしまっ...

すべてのトラックバックを表示(12件)別ウィンドウが開きます

『その日のまえに』重松清(文藝春秋)
に関連するトラックバックをお待ちしています。トラックバックURL:
http://www.noaruseikatu.jp/cgi-bin/mt/no-tb2.cgi/7
承認後の表示になります。ご了承ください。

のある生活:音楽のある生活エクセルのある生活メモのある生活ヒト・コト・モノをtabaneru.jp